teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:万事一滴   投稿日:2022年 1月26日(水)15時57分29秒
  談話室の広告「神社に隠された日本のルーツ」の鳥居の梁?の○印は何でしょうか。

安芸の厳島神社の大鳥居の梁?に日月紋があり、同系の印かも。
であれば、もとは伊都岐島だった厳島神社故、伊都岐(岐は王統の支流)は伊王統に遡るかと。伊は殷に遡る古の名族!を引く。

厳島神社神主家
? 1 佐伯氏の時代(平安時代 ~ 鎌倉時代初期)
? 2 藤原氏の時代(鎌倉時代初期 ~ 南北朝動乱期)
? 3 藤原氏の時代(室町時代中期 ~ 戦国時代)
? 4 戦国時代の終焉と佐伯氏の復権


→佐伯は伯耆を引く。殷王統に遡るかと。殷も伯・白に遡る。色も白である。

→藤も月に因む。

→韓も月支国から王を出す。


ご参考まで(田中英道さんのご見解、談話室の広告より)

ユダヤ人埴輪の“謎”
長い帽子、伸びた髭、豊かなもみあげ。明らかに、日本人とはかけ離れた風貌の「埴輪」が、千葉県や茨城県など関東地域で出土されている。実は、これらの埴輪は、日本から遠く離れた場所にいたはずの、「古代ユダヤ人」に酷似しているのだ…

古代日本で、ユダヤ人そっくりの埴輪が見つかるのは、単なる偶然なのか? それとも当時の日本がユダヤ人と深い関係にあったことを示唆しているのだろうか?



 
 

(無題)

 投稿者:万事一滴   投稿日:2022年 1月26日(水)11時53分23秒
  欧州で広がるステルスオミクロン株 すでに日本でも…間髪入れず2月第7波の可能性
2022/01/26 09:26 日刊ゲンダイdigital

 新型コロナウイルスのオミクロン株の亜種「ステルスオミクロン」の流行で、第6波のピークアウトを オミクロン株には、親株のほか「BA.1」「BA.2」「BA.3」という3つの亜種がある。現在日本で流行している「BA.1」が、第6波の引き金となった。しかし、すでに国内でもインドやフィリピンなどの帰国者から「BA.2」は検出されており、市中感染していると考えられる。完全に置き換わるのは時間の問題だろう。浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫氏が言う。

「オミクロン株の特徴は免疫回避能力が高いため、ワクチンが効きにくいところにあります。そのため、デルタ株に罹った人も免疫はできず、オミクロン株に罹るケースは少なくありません。とくに『BA.2』は感染力が強く、まだオミクロン株に罹患していない人はもちろん、すでに『BA.1』に罹った人も、ほかの亜種に感染する可能性がないとは言えません。この勢いだと第6波のピークアウトを迎えても、2月以降に続く可能性もあります。『BA.2』の重症化の有無も現時点では分かっていませんから、ワクチン未接種や基礎疾患があったり、高齢者の方は感染予防に努めてください」

 もっとも、「BA.3」も未知数。すでに「まん延防止等重点措置」など政府の対策では追い付かない状況になっている。

待たずに第7波を迎える可能性もある。

 英保健安全保障庁は21日、オミクロン株の亜種「BA.2」について、「BA.1」に比べて増殖率が高い可能性があると発表。すでにデンマークでは感染者の45%を占めていて、フランス、インド、ノルウェーなどでも流行の報告が上がっている。



 

古墳時代になぜ墓誌が出ないのか 一考察

 投稿者:いつかコウヘイ  投稿日:2022年 1月26日(水)10時42分47秒
編集済
  石見介さん
 ご投稿 とても興味深く読みましたが 二つの時期が混在
三国史記成立の時期 12世紀。 日本の文献 日本書紀などを逆に利用できる。
日本書紀 森達也説で分解できて 記載内容の大半が 西暦400年以前に潜れない。(後期古墳の時代感、前期古墳を知らない人々が記載)

 12世紀中の三国史記の新羅文面は 要 取り扱い注意。考古的知見 新羅文化は4世紀から出現。
日本書紀と同様に4世紀以前と記載された文面 要 取り扱い注意。

西暦57年 倭の那の国王、那国はすでに 初期部族国家体制が確立していないと ヒミコ期の支配システムへの飛躍が大きすぎるのでは ?
他地区の吉野ケ里や 飯塚の堀田遺跡 別に倭の部族国家が出現していて 倭国の大乱をヒミコ期前に始めている。  12世紀という後世にできた文献記載の 西暦57年の人名を 倭と韓で思考するのは よほどしっかりとした 証拠が必要なのでは。

両国の違いは 墓誌の出てくる半島の墓と 墓誌が全くでない 倭国の墓。
 倭国連合は ヒミコ期以降 なぜか 文字文化を支配者層が嫌う。

畿内系定型化前期古墳を作らせた支配者層は 庶民への文字使用を否定している。

想定 ポルポト派と類似した体質の支配者層、 ヒミコ期までの文字使用を否定したいのは 桓武天皇と同様 焚書しないと政権維持ができなかった。 と想定。
 

福島さんへ

 投稿者:当世奇妙  投稿日:2022年 1月26日(水)10時41分18秒
  「飛」=“?”(nal)=日・日にち、の意(『民衆書林・韓日辞典』)。
「鳥」=“?”(sae)=新しいの意を表す語・新しい(『民衆書林・韓日辞典』)。

この意味分かりません。
「飛」は韓国語で(nal)と発音すると言う意味ですか?
 

(無題)

 投稿者:万事一滴   投稿日:2022年 1月26日(水)08時56分25秒
  福島さんのご解説

福島さま

貴ご解説をもう少し詳しく解説いただけませんか。

(投稿日:2022年 1月25日(火)21時57分45秒)
≪>前にも書きましたが、相手に理解されない独善の話は
疲れるばかりです。

・私としては、理路整然と説き起こしているつもりなのに、何故解ってもらえないか、と。

>先ずは簡単な単語から教えてください。

・「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」でしたら、討論室で縷々述べていますが…。

*例えば…

*黄昏(たそがれ)とは。
・“?”(ta)=全部。
・“?”(seo)=西、西方。
・“??”(gal-lae)=行くよ。
*即ち、太陽が完全に地平線に隠れる事を指している。

*明日香=飛鳥(あすか)とは。
・「飛」=“?”(nal)=日・日にち、の意(『民衆書林・韓日辞典』)。
・「鳥」=“?”(sae)=新しいの意を表す語・新しい(『民衆書林・韓日辞典』)。
∴飛鳥=日が新しい=明日香=「夜明け」=日田市=「高天原」の東。
*明日香の「香」=住処(か)、在り処(か)の当て字である。

*「だ・る・ま・ん・が・コ・ロ・ン・ダ」もテンカウントであるが…。
   面壁九年の座禅の修行で脚が萎えて歩けない達磨禅師が転ぶ訳がない。
・「ダルマさんが、“???”(geol-on-da)」=「ダルマさんが、歩いた!」と驚嘆している。etc≫


(投稿日:2022年 1月25日(火)22時18分53秒)
≪※「卑彌呼」の居所説明文言の九州弁を国名と勘違いしている!

*「卑彌呼」の居所は、「天(あま・あめ)たィ!」と、「高天原」の意で答えた。

・筑後弁は「蟻」(あり)を「やり」と訛る⇒「天(あま・あめ)」は「邪馬・邪靡」と書き取られた。

*『隋書』で裴世清が証言している。

・「古(いにしえ)の魏志に謂う「邪馬臺」(國の文字を外して)は来て観たら「邪靡堆」だった」、と。

・「邪靡堆」=髪が靡くような(谷沢と下り尾根)堆(うずたか)い小山=水縄連山(耳納山地)の事だつた、と。

∴何処そこに「邪馬臺國」は在った=全部虚構である!!!!!!!!!≫



 

「王を求める心」と「与えられた王」続報

 投稿者:石見介  投稿日:2022年 1月25日(火)23時06分3秒
編集済
   日本古代史を、半島から列島に亘る「倭人/倭種世界」の膨張・縮小~領域の変動に伴う、地政学的中心地の移動とも絡め、これに、梅棹忠夫『モゴール族探検記』で触発された、「王を求める心」という考えを組み合わせて、推理する、というアイデアを前に、「王を求める心と与えられた王」と題して、談話室に投稿しました。

 多民族~多種族の混在する地域で、他民族,他種族が、その民族、種族の統合者たる「王」を擁しているのに、自民族、自種族には、そのような「王」がいない。
東南アジアの苗族の人々が、実在しない、苗族の王を、中国雲南省あたりに、存在する、と信じ込む。そのような「王を求める心」が、列島の辺境の倭人、倭種社会で存在し、それが、大和王権の誕生を促したのではないか?
 そのような、仮説でした。

 しかし、列島東部の、まだ倭人/倭種化されていない、旧縄文系の狩猟採集民と対峙している倭人/倭種よりも、更に厳しい状況に置かれているのが、半島南部の、倭人/倭種諸部族でした
 建武中元2年(AD57年)後漢光武帝により、列島の倭人/倭種は、突然、彼らの「王」を、与えられました。それが、倭奴国王でした。

 この時、半島の倭人/倭種にも、列島東部の倭人・倭種以上に切実な、彼等を束ねる「王」を求める心があった筈で、それについても、何れ論じるつもりでしたが、その時は、新羅での、赫居世の様な、辰韓への古朝鮮領域からの、移民集団が、先住の「倭人・倭種」の中から、傀儡王を擁立・推戴し、実権はその移住民=辰韓人が諸王悪下、という想定でした。
 しかし、討論室の「邪馬台国近畿説」スレッドで、『新選姓氏録』に、「皇別氏族」として、「神武天皇の兄の子孫」を称する、新羅からの渡来氏族について触れ,p君さんのコメントに対するレスを返した後で、確認の意味で、『三国遺事』の昔脱解の項目を読み返し、見逃していたことに気付きました。

 『三国遺事』でも、『三国史記』でも、倭国の東北1千里にある「かか」国或いは「多婆那国」、つまり、列島から来たとされる、新羅第4代王、脱解は、建武中元2年=AD57年に、即位していたのです。

 後漢光武帝により、列島の倭人諸種族の「王」と認められた倭奴国王の王号授与の年と、新羅第4代の列島出身の王の即位年が、「同じ年」であると言う。

 これは、偶然とは考え難い。
 『三国史記』でも、脱解の即位年は、AD57年とされています。
 後漢光武帝に叙爵された、倭人/倭種に、突然与えられた「倭奴国王」は、列島のみならず、半島南部の倭人/倭種にとっても、「与えられた王」であったのではないか?

 中国史書は、半島南部に、倭人/倭種が存在することを認めながらも、倭人/倭種の部族国家名を、一つも記載していません。
 しかし、半島南部に、倭人/倭種の部族国家があり、それらをも、「倭国」と考えれば、北部九州の「奴国」は、まさに、范曄『後漢書』記載の、「倭国の極南界」と解釈し得る可能性がある。

 或いは、博多湾岸の奴国は、「極南界」では無くても、その東北千里の「花厦国」「多婆那国」は、倭日本列島)の「極」東と言い得る。
「かか」が、律令制下の「加賀国」の地であれば、広義の「古志」の国にあたり、日本側は、「こし」という「地名」に、「越」という「漢字」を宛てた。
 『魏志倭人伝』では、会稽に封じられた夏后少康の子云々との、春秋時代の越の国との話が、記される。
 後漢光武帝の建武中元2年,AD57年は、列島の倭人/倭種世界のみならず、間違いなく、半島の倭人/倭種世界にも、大きな衝撃を与えたのだとう。

http://「

 

「邪馬臺國」は何処にも無い!

 投稿者:福島 雅彦  投稿日:2022年 1月25日(火)22時18分53秒
編集済
  ※「卑彌呼」の居所説明文言の九州弁を国名と勘違いしている!

*「卑彌呼」の居所は、「天(あま・あめ)たィ!」と、「高天原」の意で答えた。

・筑後弁は「蟻」(あり)を「やり」と訛る⇒「天(あま・あめ)」は「邪馬・邪靡」と書き取られた。

*『隋書』で裴世清が証言している。

・「古(いにしえ)の魏志に謂う「邪馬臺」(國の文字を外して)は来て観たら「邪靡堆」だった」、と。

・「邪靡堆」=髪が靡くような(谷沢と下り尾根)堆(うずたか)い小山=水縄連山(耳納山地)の事だつた、と。

∴何処そこに「邪馬臺國」は在った=全部虚構である!!!!!!!!!
 

当世奇妙さん

 投稿者:福島 雅彦  投稿日:2022年 1月25日(火)21時57分45秒
編集済
  重ね重ねのコメント、多謝 謝々!

>一人でも理解者がいるのは大切では。

・当世奇妙さんお一人でも百万の味方を得た心地です!

>一度ZOOMでゆっくりは福島論の詳細聞かせてください。

・PC音痴で、心もとないです。

>前にも書きましたが、相手に理解されない独善の話は
疲れるばかりです。

・私としては、理路整然と説き起こしているつもりなのに、何故解ってもらえないか、と。


>先ずは簡単な単語から教えてください。

・「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」でしたら、討論室で縷々述べていますが…。

*例えば…

*黄昏(たそがれ)とは。
・“?”(ta)=全部。
・“?”(seo)=西、西方。
・“??”(gal-lae)=行くよ。
*即ち、太陽が完全に地平線に隠れる事を指している。

*明日香=飛鳥(あすか)とは。
・「飛」=“?”(nal)=日・日にち、の意(『民衆書林・韓日辞典』)。
・「鳥」=“?”(sae)=新しいの意を表す語・新しい(『民衆書林・韓日辞典』)。
∴飛鳥=日が新しい=明日香=「夜明け」=日田市=「高天原」の東。
*明日香の「香」=住処(か)、在り処(か)の当て字である。

*「だ・る・ま・ん・が・コ・ロ・ン・ダ」もテンカウントであるが…。
   面壁九年の座禅の修行で脚が萎えて歩けない達磨禅師が転ぶ訳がない。
・「ダルマさんが、“???”(geol-on-da)」=「ダルマさんが、歩いた!」と驚嘆している。etc

*文字化けは「古代倭語(方言と朝鮮語に片鱗を留める)」のハングル表記。
 

(無題)

 投稿者:万事一滴   投稿日:2022年 1月25日(火)20時51分2秒
編集済
  歴史研究

当世奇妙さま

貴ご見解(投稿日:2022年 1月25日(火)15時50分28秒)
≪歴史研究は1.事実のみの羅列 2.歴史の復活ストリー
があると思っています。≫

→歴史の研究は、1.は「自身で見つけた事実+既知の事実との関係」+2.歴史の復活(復元)からなるのではないでしょうか。

→本邦の歴史研究の多くは、事実を離れ、無根の仮措に飛翔し、研究とは言えないのではと。

→本邦の考古学の課題:理化学的検証を満たす事実に依拠した編年!



 

福島さんへ

 投稿者:当世奇妙  投稿日:2022年 1月25日(火)19時22分0秒
  一人でも理解者がいるのは大切では。
一度ZOOMでゆっくりは福島論の詳細聞かせてください。

前にも書きましたが、相手に理解されない独善の話は
疲れるばかりです。

先ずは簡単な単語から教えてください。
 

レンタル掲示板
/2330