teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


みせんさんへ

 投稿者:当世奇妙  投稿日:2017年 9月21日(木)21時23分42秒
  熊谷先生のご講演内容は記憶がありませんが、
モースと鳥居隆三が梅原説と一緒とは知りませんでした。

縄文人が東北から追いやられて北海道に渡り、アイヌとなったとモースや鳥居隆三が
主張していたのですか?

モースはアイヌの前に人食い人種が居たと言う説だったと記憶しています。
鳥居隆三はコロボックル説を否定した人と記憶しています。

縄文人、蝦夷、アイヌについてのお互いの考えは理解したと思います。
みせんさんの考えは理解したと思いますが、今のところは同意は
出来ません。これ以上の議論は無理かもしれませんね。

ところで、
縄文人と渡来人の関係が融合したか支配隷属かは微妙な議論ですね。
弥生文化の担い手は渡来人のみか、弥生集落の支配層は渡来人のみか、
弥生化した縄文人がかなりいたのではないかなどの議論ですね。
(これも直ぐには結論出ませんね)

「多種類の言語は考えていません。あるのは縄文語、渡来系の言葉、縄文語+渡来系の言葉の3種類だけです。現在、残っているのが縄文語と縄文語+渡来系の言葉であって、縄文語はあまり変化することなくアイヌ語に受け継がれ、縄文語+渡来系の言葉は幾多の変遷を経て現在の日本語へ繋がっていると考えています」は確かに明快な論ですね。

私の「倭人語・和人語・大和語」は異なる言語と言う主旨ではなく、同じ流れの言語
で日本語の源流と言う主旨です。蝦夷語(続縄文語・擦文語)は縄文語の延長と考えています。

但しアイヌ語とアイヌ人は良く分からず、縄文語 ニアリー= アイヌ語説の是非を議論するほどの情報は持ち合わせていません。

縄文語 ニアリー= アイヌ語説の論拠教えて貰えませんか。
縄文人 ニアリー= アイヌ人ですか?


言語については興味を大いに持っていますが、先に書いたように「夢想」
の段階です。みせん論的視点も頭に置いておきたいと思います。


 
 

日本は新羅の一部?

 投稿者:K.A  投稿日:2017年 9月21日(木)21時12分42秒
  今、9世紀半ばの円仁の旅行記を再び読み返していますが、気付いた点列記します。
 最初に上陸した揚州での話、揚州の役人が日本の遣唐使を新羅のうちの一国と判断、疎略な扱いを受け、役所に日本国と新羅は異なる国であり、遠く隔たった国であるとの説明に行く箇所があります。
いくら地方の役所だからといって、このような認識であったようで、ましてさかのぼること2百年から3百年ともなると「倭」なる概念も同じような認識ではなかったかと思われます。
 同じく赤山に取り残された円仁が唐の律令を調べて、「僧や尼僧が巡礼修行をした場合、州や県の寺に行ってそこで安らかに宿泊させよ」という施行規則を見つけて役人に旅行証明書をねだる場面があります。勿論、後の武宗によって僧侶は弾圧を受けるのですが、地方ではこのような考え方があったようです。
 同じく赤山での出来事で、山院にて法花経の講義が行われるのですが、40人ばかりの僧侶が参加します。それが全部、新羅人で、その経を講じたり、仏礼懺悔する方法は新羅の国の風俗によって行われたとのこと
 古来、半島の人々は国(韓国)を離れ、異国の地に大勢住んで、ひとつの社会を作っていたようで、現在でも、例えば上海にはひとつの町が出来るほど若い人が集団で生活していて、ビジネスをしています。日本人と違う点は、その地に住み付いて本国には帰らないようです。
 多くの有能な若者が流失してしまっているようです。(国内の就職難も原因でしょうが)
 

陛下のお言葉のあった場所

 投稿者:素里奈  投稿日:2017年 9月21日(木)21時08分15秒
  どんたくさま
そうでしたか! 私の思い込みでした。

詳細情報ありがとうございます。

今の私の夢は:- 南北の無血統一が叶い 欧米人からみてFareast(極東)(この単語・どういうわけか 日本・朝鮮半島をフタツ絡めて翻訳されるのです。)そして、静かな平和が齎されることです。

しかし、朝鮮半島の情勢は 南の代表者も北の代表者も まかり間違うと
(あと一歩ステップを踏み違えるば)世界全体からペルソナ・ナン・グラーターのような不名誉な 贈り名 を頂戴する程に 逼迫している風にお見受
けいたします。

もう一度 両手を合わせて祈る。
May got prevail peace on earth of the Korean Peninsula。


 

当世奇妙さん

 投稿者:みせん  投稿日:2017年 9月21日(木)17時30分21秒
  梅原先生の説を独自の説としていますが、大森貝塚を発掘したE.S.モース、鳥居龍蔵などもこの説であると熊谷公男先生が昨年末の当会の講演会でも述べていました。かつてはこの説が主流であったと思っています。その後、高橋富雄さん、工藤雅樹さん、熊谷公男さんへと繋がります(熊谷先生講演会レジュメの受け売り)。アイヌ日本原住民説も昔からあることですし。

熊谷先生については、文献史学上の蝦夷や城柵についての研究は優れていると思いますが、文献史学から外れたところのある蝦夷感には私は批判的です。
熊谷先生は山田秀三のアイヌ語地名の想定南限線を確定線として、蝦夷の活動域を論述しています。
日本列島全域にアイヌ語地名が存在したとなれば、先生の主張する蝦夷感は成り立たなくなります。

貴兄と私の大きな相違点は、<列島各地の縄文語がある程度通じる状態になった時期があり、そこに渡来人が入って来た。縄文人と渡来人は戦いよりも融合したのではと思っています。従って縄文語ベースの倭人語が形成されたと思っています。倭人語・和人語・大和語、蝦夷語(続縄文語・擦文語)、アイヌ語のベース全てに縄文語がある> にありそうですね。

縄文人と渡来人は、最初は共存したが次第に対立し、支配従属の関係に発展していったと、わたしは考えています。そのように考えないと説明できない地名がたくさんあります。
縄文語とはほとんどアイヌ語そのものであって、そこに支配者となった渡来系の言葉が混じり、現在の言葉へと変遷してくる、と考えています。ですから、倭人語・和人語・大和語、蝦夷語(続縄文語・擦文語)、アイヌ語、縄文語などの多種類の言語は考えていません。あるのは縄文語、渡来系の言葉、縄文語+渡来系の言葉の3種類だけです。現在、残っているのが縄文語と縄文語+渡来系の言葉であって、縄文語はあまり変化することなくアイヌ語に受け継がれ、縄文語+渡来系の言葉は幾多の変遷を経て現在の日本語へ繋がっていると考えています。モデルとしては単純明快です。
 

今日は渋沢栄一の足跡をお訪ねと

 投稿者:万事一滴  投稿日:2017年 9月21日(木)14時54分9秒
   昨夕の報道では、今日は明治の偉人、渋沢栄一の足跡をお深谷に訪ねになられるとのこと、

 天皇、皇后のご訪問は維新、明治に、活躍された渋沢ご兄弟の滅私、粉骨砕身への天皇家としてのお気持ちをご表明になられる行幸で、緻密に計画された維新遂行への反動、揺り戻しを正すべく、身命を賭して奉公した民への顕彰、労いの行脚かと、私的旅行の体裁はとられるも、国の永久のいやさかを念じられ、昨日の高麗神社ご参詣もですが、続けられている実質ご公務と拝察されます。

 
 

Re:御退位前の御旅行

 投稿者:どんたく  投稿日:2017年 9月21日(木)13時58分29秒
  素里奈さま

> そして別画面で、過去に(おそらく韓国のどの大統領だったかは忘れたが、
> 晩餐会のおりのご発言:-
> “桓武天皇のおり御生母が渡来系であることが「続日本紀」に記されていることに
> ゆかりを感じます”とご発言になられた画面を再放映した。

この平成天皇の「おことば」は、2002 FIFAワールドカップ(日韓)を前にして、天皇誕生日の記者会見で言われたことでした。

これについての詳細は、例えば「桓武天皇」Wikipedia をご覧ください。

この時には、まず韓国でこのことが大き取り上げられて報道されてから後、慌てて日本の新聞に逆輸入されて報じられるという、醜態を演じたことで、記憶に残っております。
 

早稲田大学北朝鮮関係セミナーの案内

 投稿者:サントバーボロ  投稿日:2017年 9月21日(木)10時26分51秒
  目下世界的に北朝鮮のミサイル核兵器の問題が取り上げられそれへの対抗策として北朝鮮労働者派遣の制裁があります。今回タイミングよくその問題についての<無料>セミナーがあります。
国内のTVなどの事情がよく分からいいわゆるコンメンテ―ターとは違う現地での情報収集に基づく最新の学術的発表です。

第28回ORISセミナー/ORIS Seminar (9/26)

【タイトル】北朝鮮海外派遣労働者の現状と人権実態及び改善策
【日時】9月26日(火)/ 14:00-19:00
【会場】早稲田キャンパス26号館502号室
【発表者】金 仁星(北韓人権情報センター)
     尹 汝常(北韓人権記録保存所)
     宮本 悟(聖学院大学)
     李 愛俐娥(早稲田大学) 他
【言語】韓国語/日本語 ※同時通訳有
【事前登録】なし。入場無料。
 ※通訳レシーバは数に限りがございます。
  貸借の際に連絡先を記入していただきます。

【Title】Present situation of North Korean workers in overseas:
        and actual conditions of human rights and improvements
【Date&Time】 Tuesday, September 26 / 14:00-19:00
【Venue】     Room #502, Building #26, Waseda Campus
【Lecture】 金 仁星(北韓人権情報センター)
      尹 汝常(北韓人権記録保存所)
      宮本 悟(聖学院大学)
      李 愛俐娥(早稲田大学) and more
【Language】Simultaneous interpretation will be available
      for both Japanese and Korean.
【Admission】Free

++++++++++++++++++++++++++++++

※詳しいイベント情報はこちらでご確認ください。
 http://www.waseda.jp/inst/oris/
※Please visit our website for more information.
 http://www.waseda.jp/inst/oris/en/
 

Re:台湾16部族研究達成!!を拝見して

 投稿者:万事一滴  投稿日:2017年 9月21日(木)09時36分37秒
編集済
   サントバーボロ兄の視座は重く、台湾統治に品位ある東北人が当たったことで歴史に耐える質の高い業績は遺産として残され、現代に台湾のありようを形成する国家の基盤として生かされ、対して、本邦の明治以来の対応が否が応でも思い起こされ、期せずして、本邦のありように内省を迫る貴重な警鐘となっており、在野の一角で、東北の自治体の偉人顕彰を超え、国の在りようへの働きかけへと止揚され得る重い内容と改めて反芻させていただきました。

 
 

宗教優位の古代社会に経済合理性を適用するのは無理があるのでは

 投稿者:K.A  投稿日:2017年 9月21日(木)08時17分56秒
  トミーさんの意見に賛成します。
現在の商品経済の発達した社会に住む私たちは日常の商品流通を当たり前のように感じてしまうところがあります。
私が今まで、仏教史をみてきた限りでは、現在とは比較にならないほどの大きな力を持っていたことが窺われます。
ほとんど毎日、なんらかの神々を祈っていた円仁の航海日記を読んでも、それは言えるのではないでしょうか。
 

そんべ様

 投稿者:避雷針  投稿日:2017年 9月21日(木)01時18分11秒
  ご教示有り難うございます。
中路正恒氏『日本書紀の語る蝦夷』を発注して読んでみます。
 

レンタル掲示板
/1318