囲碁学習・実践のためのタブレット・パソコン利用



カテゴリ:[ 趣味 ]


15件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[15] 図のつづき

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 4月11日(月)08時42分41秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

図のつづきです




[14] AI囲碁の歴史的な勝利

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 4月11日(月)08時42分0秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

AI囲碁「AlphaGo」が世界のトップ棋士「イ・セドン」に4勝1敗で完勝したことが大きな話題になりました。ネットにはこの歴史的な対戦の棋譜やプロ棋士のコメントが見られます。図はその一つ、三村棋士のホームページです。
http://mimura15.jp/2999.html
左右の矢印ボタンで対局の進行が再生できます(1手づつ、あるいはコメントがつけられた局面)。プロ棋士のコメントを見ながら、あるいは自分の興味のおもむくまま、試合を追っていけばよいでしょう。5試合の全体的なコメントは図のようになっています。将来、こうしたコメントの内容が理解できるようになりたいものです。
ところで、AlphaGoはAI専門の会社「DeepMind」社が開発したAIシステムであり、同社はGoogleの傘下にあるようです。この「Google DeepMind」社のホームページには、当然ながら、今回の歴史的な試合結果についてのニュースが掲載されています。また、対局の動画もYouTube上にアップされており、それを視聴することも面白いでしょう。
さらに、AlphaGoが、ヨーロッパ囲碁選手権を3度制した「Fan Hui」に勝利したときの棋譜もアップされており、この5試合の棋譜を実際にダウンロードすれば、図のように、パソコンやタブレット画面上で棋譜を再生して検討できるようになります。私のレベルでは、ただ、「棋譜をダウンロードして再生できます」というだけで、何の役にも立ちませんが、こうした情報を興味深く、読んでもらえそうな高段者が周りにいることを期待しています。



[13] 第9回UEC杯コンピュータ囲碁大会の棋譜

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 3月24日(木)10時31分26秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

3月19日~20日にわたって電気通信大学で開催された第9回UEC杯コンピュータ囲碁大会の2日目(決勝戦を含めたトーナメント戦)の棋譜がまとめてダウロードできるようになりました。
http://jsb.cs.uec.ac.jp/~igo/result2.html
いずれもSGF形式のファイルで「Kiin Editor」で即座に開くことができます。さっそくダウンロードして圧縮されていたファイルを解凍してみると図のように沢山の棋譜ファイルがリストされました。
決勝戦、そして準決勝の2試合の棋譜を画面上に開いてみました。いずれも終局の盤面です。もちろん、初手に戻って一手づつ再生させたり、自動再生させるといったことが簡単にできるし、途中の形勢判定も可能です。私にとってこの棋譜を有効に活用するのはまだまだ先のことですが、それを目標にとりあえずは、風鈴を卒業してなんとか、9目、できればさらに置き石を減らしていきたいと思っています。



[12] 囲碁ソフト「碁神王」

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 3月23日(水)19時54分13秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用   編集済

昨年、ボケ防止に囲碁の勉強を始めようと購入したパソコンソフト「碁神王」はインストールしただけで、ほとんど使っていませんでした。タブレットの使いやすさから、主としてandroid用の無料ソフト「最強の囲碁」を開き、9目を置いて対局をお願いしていました。相手(タブレット)の強さを5段階あたりなら、なんとか、勝つことができるようになりましたが、最強の10レベルになると、とても敵いません。やはり、学習が必要と思い、学習機能も含まれている「碁神王」を使ってみようと思いました。
まずは対局を試みてみました。図は相手を初段にして9目で対戦しようとしています。あとは盤面で石を置いていくという操作ですが、メニューにあるように、「ヒント」をクリックすると次の手を示してくれます。しかし、どうしてそれがよい手なのか、解説がないので、あまり役立ちません。また、検討を選ぶと、その局面から何手から先まで相手の出方などを想定しながら検討でき、検討が終われば、もとの手に戻ることができます。
さらに、どのような場合に必要なのか、盤面の反転もできます。人間対人間の場合なら、役立つ機能なのかな?とは思いますが、どうでしょうか。さらに途中で形勢の判断をさせることができます。欠け目などがよく理解できないので、「ああ!この部分は目が一つしかないのか、それで相手の地になってしまうのか!」といった勉強にはなりそうです。
ところで、「碁神王」を販売していた「日本囲碁連盟(ユーキャン)」のホームページをみたら、「碁神王」は進化して「囲碁大帝」になり、実力は五段超えになったということです。
http://www.ntkr.co.jp/igo/
実力七段を誇る「銀星囲碁」と対局させてみたいものです。



[11] 決勝戦の棋譜が公開されました

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 3月22日(火)10時55分14秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用   編集済

第9回UEC杯コンピュータ囲碁大会の決勝「Zen対darkforest」の棋譜が公開されました。
http://jsb.cs.uec.ac.jp/~igo/past/2013/result2.html
図のように、棋譜のデータファイルだけでなく、ホームページ上の碁盤で棋譜が再生できるようになりました。下段のボタンをクリックすることで、1手づつ(あるいは10手や90手単位で)進めたり(戻したり)、自動的に指定した時間間隔で再生できるようになりました。図は終局の碁盤です。白(zen)が勝利したということですが、私には盤面の形勢がまったく分かりません。
ところで、ネット上で棋譜を参照するだけでなく、たとえば、「Kiin Editor」を使って棋譜を再生できれば、便利かもしれません。上記のホームページには棋譜データを表示する機能もあり、図のようなデータが表示されました。これはSGF形式の棋譜データであるということです。そこでこのデータをそっくりコピーしてKiin Editorのファイルメニューから「棋譜の貼り付け」を実行すると、今度はKiin Editor上に上記の試合が表示されました。もちろん、ファイルメニューから保存すれば、いつでもKiin Editorなどで表示できるようになります。



[10] コンピュータ囲碁世界大会の結果は?

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 3月21日(月)10時10分33秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

電気通信大学を会場として開催された「コンピュータ囲碁世界大会」は今日(3月21日)の日経紙面に見るように日本のソフト「Zen」が優勝しました。その詳細は主催者のホームページに掲載されています。それによれば決勝戦は「Zen対darkforest」で行われました。棋譜はいずれ、ネットにアップされるようですのでそれを待ちましょう。
ところで、今回は第9回大会ですが、過去の大会の情報も掲載されており、棋譜もアップされています。
http://jsb.cs.uec.ac.jp/~igo/past/2013/result2.html
第8回の棋譜はリンクが切れていたので、第7回について、棋譜をダウンロードしてみました。そのうち、決勝戦(Zen対Crazystone)の棋譜を「kiin editor」で碁盤上に表示してみました。Zenは確かに強いですね。みなさんもパソコン上で棋譜を検討してみてください。AI囲碁は本当に強いのかどうか、ぜひ、教えて欲しいですね。



[9] コンピュータ囲碁大会

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 3月20日(日)11時12分41秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

北川さんからメールがあり、日経ビジネスに「緊急寄稿:高尾紳路九段が見たシンギュラリティの風景」と題する寄稿があるということです。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/031600283/?n_cid=nbpnbo_mlsp
先日の「世界トップの棋士がAI囲碁(アルファ碁)に敗れた」という大ニュースに対しての寄稿であるということです。さっそく該当のページを開いてみました。北川さんは、「たしかに彼の言うように、ゴチャゴチャとした難しい碁形を好む井山祐太名人だったらもしかして勝ち越せたかも?というのは甘い考えなんでしょうね。どうですか、高橋さん」と私に問いかけてこられました。しかし、何度も書いているように、私は囲碁は初心者もいいところ、星目ですら相手してもらえそうになく、風鈴(?)にさせられている現状ですから、北川さんの問いかけは、なんと表現したらよいのでしょうか?「馬の耳に念仏」でしょうか、わかりませんが、なんとも返信のしようがありませんでした。申し訳ありません。to
ところで、AI囲碁の話題はさらにつづいて、昨日(3月19日)から、電気通信大学を会場として「UEC杯コンピュータ囲碁大会」が開催されています。
http://jsb.cs.uec.ac.jp/~igo/
図のような概要ですでに初日の結果が出ています。参加者一覧など、そして試合のルールなどを参照ください。試合結果によれば、初日は「CGI GO Inteligence」が7勝0敗でトップに立っているようです。どのような試合だったのか、棋譜が気になるところでしょう。いずれ、棋譜が公開されるということなので、このネットにアップされる棋譜をパソコンやタブレット上で表示する方法について、話題にする必要がありますね。ご期待ください。



[8] 日本棋院のネット対局室「幽玄の間」

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 3月18日(金)16時59分46秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

囲碁に興味をもてば、まずは総本山の「日本棋院」のホームページにアクセスすることになるのでしょう。私もアクセスしてみました。そこには当然ながら初心者向けにさまざまな啓蒙的な内容が用意されています。
そして次に、ネット上の対局室をのぞいてみることにしました。TVのプロ棋士の対局はあまりにも上級すぎて解説者のいっていることがさっぱり分かりません。できるなら、10級とか、現実的な目標となるレベルの人たちがどんな対局をしているのか、それを見たいと思っています。そうしたときに、日本棋院のネット上の対局室「幽玄の間」がありました。
有料会員になるといろんなメリットがありますが、初心者には月2160円の会費はちょっと高すぎます。とりあえず、無料会員でも楽しめる範囲でためしてみることにしました。図のように、「一般ユーザー同士の対局」は自由に観戦できます。そこで、適当に「4級同士の対局」を観戦してみました。ネット上でいま現在、リアルに行われている対戦が一手づつ、順に画面に表示されていきます。最初に手に戻ってそこから再生するといった観戦も可能です。みなさんも高段者の対局を観戦してみたらいかがでしょうか?図はタブレット用の「幽玄の間」を利用しています。下記から無料でダウンロードできます。
タブレット版:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.or.nihonkiin.ugen_tab
スマフォ版
https://play.google.com/store/apps/details?id=game.xboard



[7] パソコン用の囲碁ソフト

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 3月17日(木)12時55分56秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

「囲碁AI」が世界最強のプロ棋士に勝つ時代であれば、パソコン用囲碁ソフトも強くなっているはずです。手元のパソコンソフト「世界最強銀星囲碁16(六段)」はバージョンアップされて「七段」に匹敵する力をつけたようです。最新版はさらにどのような新機能が加えられたのか、下記を参照ください。
http://www.silverstar.co.jp/02products/gigo/
星目どころか風鈴で相手を願っている現在は、こんな強力な相手と打つつもりはありませんが、ためしに、コンピュータを「6段」に設定して碁盤を表示させました。ソフトには「待った」をはじめ、さまざまな機能が用意されています。「検討」をクリックして、1手先を検討してもらいましたが、みなさんなら、10手先ぐらいまで検討したいところでしょう。
6段相手ではすぐにいやになったので、碁盤を立体風に変えてみました。また、いちいちマウスで石を置くことも面倒になってきたので、「音声認識」を利用して声で指示して、パソコンに石を置かせることとしました。



[6] パソコン上でテキストを学ぶ

投稿者: 高橋三雄 投稿日:2016年 3月16日(水)09時36分36秒 h101-111-145-089.catv02.itscom.jp  通報   返信・引用

囲碁学習のためにいろんな参考書を購入しました。中でも坂田栄男のシリーズは分かりやすくて何度も読んでいます。しかし、図のように、同じ局面からスタートしても、その先にはさまざまな展開がありえます。碁盤上で実際に石をならべながら学習するわけですが、その都度、テキストを見ないと分からなくなります。そうしたときにパソコンなら、あらかじめ入れてある順序にしたがって1手づつ、先へ進めてくれるので便利です。そんな安易な学習では上達しないよ!と叱られそうですが。
図はkiin editorの「盤面編集」によってまず、「隅の八目」の出発点としての盤面を編集しているところです。あとはテキストにもとずいて、さまざまな展開の石を並べていくことになります。また、特定の手順について、それを保存しておけば、何度でも再生して手順を追うことができます。


レンタル掲示板
15件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.